留学するなら自分で探すかエージェントに任せるか、どっちがお得?

そろそろ留学エージェントに行ってみたいとお考えのあなたへ。
はじめてだからなんとなく不安があるのではないでしょうか?そこでこのページでは、初心者さんのよくある疑問や質問をQ&A形式にまとめてみました。もしかしたらあなたが疑問も解消するかもしれませんよ。無料説明会の予約を入れる前に、ひととおりチェックしてみてくださいね。

 

《結論》基本的には、エージェントに任せた方がお得!

 

手配ができる国や留学ジャンルは、各留学エージェントによって異なります。
現地の空港からの送迎サービスなども、無料だったり費用がかかったり、様々です。
自分に必要なサポートをしてくれる留学エージェントを探しましょう。

 

留学を進めるにあたって、自分で学校に申し込む場合とエージェントを介して申し込む場合の2通りに関して考察していきます。

 

自分で申し込むパターン

 

まず、自分で申し込むパターンですが、特徴は3つです。

 

1.自分で全てを調整する
2.サポートがつかない
3.すべてが自己責任

 

1.自分で全てを調整する

 

まずは自分でなんでもやれるなら全てを自分で進めて行った方が良いです。
対応力が付きますし、学校の先生とも事前に仲良くなれるかもしれません。
ただ、認識の不一致があったり、時間を費やしてしまうことで、
自分の専門分野の勉強がおろそかになったり、精神的にいろいろ気苦労は発生するでしょう。
留学は大金が動きますので、100万円、300万円などが無駄になってしまう可能性もなくはありません。
ただ自分で何でもやるのはいいことだと思います。

 

2.サポートがつかない

 

例えばフィリピンの場合だと、日本資本の学校では日本語が通じる可能性もあり英語ができなくても対応はできると思います。
フィリピンの場合はビザも現地申請できますし、学校側が面倒を見てくれるので、渡航前にビザを心配する必要もないです。
韓国や中国資本の学校でも日本人スタッフがいるところもありますので、メールのやり取りでも日本語で返事が返ってくることもあります。

 

3.すべてが自己責任

 

ただ、学校側も面倒は避けたいところ。
学校側の事務局も人があまりいないこともあり、個人とのやりとりを長々と続けているよりは、
エージェントと一括でやり取りする方がはるかに効率的なのは確かです。
そのため、エージェント経由でないと申込を受け付けてくれないという学校もある可能性はあります。
そこはまずは学校側に直接ヒアリングしてみるとよいでしょう。

 

 

エージェントを介して申し込む場合

 

エージェントを介して申し込む場合の特徴3つです。

 

1.留学先でもサポートがつくので安心
2.留学費用が安く抑えられる
3.自分の勉強に時間を費やせる

 

次にエージェントを介して申し込む場合のメリットですが、
一番大事なのが「どの学校に行くのか?」というところですが、この情報をエージェントは多数の学校の情報を持っていることから、
比較するのにはもってこいでしょう。
ですので、学校を比較する段階ではエージェントを活用し、最終的な手続きは自分で直に学校と手続きをする方法もあります。

 

自分の語学のスキルがまだないと判断できる場合は、学校の申込やビザの申請などの手続きは留学エージェントを活用したほうが良いと思います。
エージェントはビザの申請手続きを年間何百件とこなしているので、ビザ申請手続きサポートも慣れているところが多いです。
個人でビザの申請で間違いがあって、留学できないなんてことになるともったいないことになりますので、
英語で自己手続きしていく自信がない方や、仕事でなかなか留学手続きの時間が取れない方は、エージェントに任せた方が安心です。
また、自分で手続きはできるけど、所々でサポートが欲しい場合も留学エージェントによっては部分的にサポートしてくれるところもありますので、
そこは相談しながら進めて行くとよいでしょう。

 

1.留学先でもサポートがつくので安心

 

留学先でも何かしらサポートを受けたい場合も、エージェントを利用すると安心です。
ただ、学校に日本人スタッフが常駐している場合はエージェントを利用しなくても現地でのサポートを受けられることもあります。
カナダやオーストラリア、ニュージーランドやフィリピンにある学校は、日本人スタッフが常駐していることが多いですので、
エージェントによる現地でのサポートがなくても、学校で日本語のサポートが受けられます。
国で留学を支援しているところもあり、学校側としても生徒に学習上や生活上の問題なく滞在してほしいという体制を取っている場合は、
日本人スタッフがいる学校では日本語のサポートが現地でも受けられます。
もちろん、日本人スタッフがいなくても、英語などでのサポートは学校側でしっかり行ってくれます。
ただコース変更、滞在先変更、キャンセル、授業の支払いの手続きなどはエージェントの活用を検討した方がいいでしょう。

 

ただし、ワーキングホリデーなどで学校に通わないけど現地でサポートが欲しいという場合は、
留学エージェントの現地サポートサービスを確実に活用することをお勧めします。

 

2.留学費用が安く抑えられる

 

留学エージェントを使うと費用が高くなるのでは?と思われるかもしれませんが、昨今は逆になっています。
例えば、学校が留学エージェントに対して行う割引などです。
自己手配だとこういった割引やお得なチケットなどは適応されないけれど、エージェント経由でプロモーションが適応される場合はよりお得になっています。
ただ、プロモーションを適応しても、留学エージェントの手数料で高くついたとなっては意味がないので、費用を重視されたい方は、
総合的に確認しながら進めて行きましょう。
現在の留学エージェントとしては、プロモーションにより割引となったことで生徒さんの手数料を無料とすることも可能となっており、
エージェント利用で自己手続きより留学費用を安く抑えられるというケースも出てきています。
ただ、手配代行無料でも、為替レートでの計算に上乗せレートを使用したり、本来必要のない消費税を掛けてきたりといったケースもあります。
これを防ぐために、必ず留学エージェントを検討することです。
複数のエージェントから留学費用の見積もりを書いてもらって、自分で比較検討して1つの留学エージェントを決めましょう。

 

ちなみに留学エージェントの料金に関してチェックすべき項目は以下です。
・手配代行料・手数料
・ビザ申請サポート料
・留学費用を計算する為替レート
・留学費用への消費税(海外学校料金には消費税は不課税)
・支払いを学校へ直接払いできるかどうか
・その他に必要なサポート料(書類翻訳・現地サポート・保険・航空券など)

 

3.自分の勉強に時間を費やせる

 

エージェントに申し込む一番のメリットは、自分の勉強時間を取れるということではないでしょうか?

 

留学を成功する目的は「自分のスキルを伸ばすこと」です。
それを留学してからすべてをやるのではなく、日本にいるときに事前にやっておくことで、
学校に入ってからのスタートダッシュをすることができるでしょう。

 

留学先でも生徒はスキルを持っている人にいろいろと教えてほしい気持ちになります。
仮に語学ができなくても、スキルを持っていればあなたのスキルと現地の学生の語学スキルを交換条件に
いろいろと仲良くなって、あなたの語学スキルが上達できることでしょう。
その結果、クラスの授業で先生の言っていることがよりよく理解できるようになり、
さらにあなたの専門スキルが向上するといったいい流れに持っていくことができます。

 

良く留学先で日本人だけで固まっている姿を見かけます。
これは非常にもったいないことです。
しかし、クラスの授業も何を言っているのかよくわからないし、
専門スキルでも現地の学生より劣っている場合、海外で暮らしているという寂しさから
日本人同士で固まってしまうのです。

 

これを避ける唯一の方法が、あなたが専門スキルで誰よりも優秀であることです。

 

そうすれば現地の学生もあなたに一目置くでしょうし、
あなたの周りには様々な国の外国人が質問に来ることから、日本人で固まる心配もなくなります。

 

そのために必要なことが日本にいる間にどれだけ準備できるか、がカギとなっています。
この準備期間にビザの手続きや渡航準備に大幅な時間が取られてしまうと、
行ってからがスタートになってしまい、バタバタの留学スタートになってしまいます。

 

結果、留学の失敗につながってしまいますので、
日本にいる間にいい準備をするためにもできることはすべてエージェントに任せて、
あなたは専門分野の勉強や語学の習得に力を入れた方がおすすめです。